MiracleJobLogo
エンジニアのエンジニアによるエンジニアのためのサイト
News 12/13 おすすめ情報に 『 SES/派遣事業者専用統合ビジネスクラウドサービス 「Cloud Staff」のクラウドサービス情報開示認定取得のお知らせ 』 を追加しました。
会員登録するとキャリア診断やサイトに参加することができます。
あなたにおすすめな技術情報、資格、仕事などをお知らせします。

無料会員登録


パスワードを忘れた場合
LINEで送る
MiracleJobBanaLeft1
MiracleJobBanaLeft2


セキュリティパッチ適用後にシステムディスクが逼迫した際の対処法
profile-img
投稿者: DOGさん
投稿日:2018/11/16 16:19
更新日:
like-img
分類
技術
テクノロジー
Windows系サーバ
キャリア
運用・保守 / 構築
投稿内容

Windows Server 2012 R2サーバへのセキュリティパッチを適用した際に、適用後のシステムディスク使用率が想定を大きく上回り、システムディスクを逼迫した事がありました。

今回適用したセキュリティパッチはmsn形式で、その更新プログラム配下にはcab形式で圧縮されたパッケージが収容されており、実際にはexpandしてシステム内に展開するため、msu形式でのサイズよりも大きくなるようです。

解凍したcabファイルはしばらくの間キャッシュとして残った後に、自動的に削除されます。

しかし、この時は早急に使用率を削減する必要があったため次の手順で手動削除を実施し、対応しました。


1.コマンドプロンプトを「管理者として実行」で起動する。

2.下記コマンドを実施する。(Windows Updateサービスの停止)


net stop wuauserv


3.下記コマンドを実施する。(インストール時に使われたcabファイルの削除)


RD /s /q C:\Windows\SoftwareDistribution\Download


4.下記コマンドを実施する。(Windows Updateサービスの開始)


net start wuauserv


※3.で削除したDownloadフォルダはWindows Updateサービス起動の際に再作成されます。




コメント


MiracleJobBanaRight1
MiracleJobBanaRight2
MiracleJobBanaRight3