MiracleJobLogo
エンジニアのエンジニアによるエンジニアのためのサイト
News 12/20 おすすめ情報に 『 WOMAN'S VALUE AWARD【ICT部門 優秀賞】 』 を追加しました。
会員登録するとキャリア診断やサイトに参加することができます。
あなたにおすすめな技術情報、資格、仕事などをお知らせします。

無料会員登録


パスワードを忘れた場合
LINEで送る
MiracleJobBanaLeft1
MiracleJobBanaLeft2


STP(スパニングツリープロトコル)概要 前編
profile-img
投稿者: ntanakaさん
投稿日:2019/12/09 15:01
更新日:2019/12/09 15:47
like-img
分類
資格 / 技術
テクノロジー
ネットワーク
キャリア
運用・保守
投稿内容

<STPとは

スイッチングループを回避するためのレイヤ2プロトコル。IEEE802.1Dで規定されている。冗長なトポロジを作ろうとスイッチをループ状に接続した場合、ホストからのフレームが2つのセグメント上に伝送され、レイヤ2ループ(ブロードキャストストーム)を引き起こす。例えば以下の構成では、PC1がサーバーのMACアドレスを取得するためにARPリクエストをブロードキャストで送信する。SwitchAがそれをフラッディングし、さらに受け取ったSwitchBCがフラッディングすることでループが発生する。ブロードキャストストームが発生すると正常な通信ができなくなる。止めるには、ケーブルを抜くか電源を切るしかない。STPの機能を使用すればこれを回避することができる。

 

STPの仕組み

スパニングツリーは、物理的には冗長構成を維持しつつ、論理的にどこかのポートをブロック状態にすることで、フレームがループしないようにする。メインの経路がダウンしたらブロッキングを解除してフォワーディング(転送)状態に戻すことができる。

・BPDUBridge Protocol Data Unit

STPが有効なスイッチはBPDUというフレームのやり取りをする。このBPDUによって、各スイッチのポートがフォワーディング状態とブロッキング状態のどちらになるかを決定したり、ループの検出を行ったりする。BPDUは、ルートブリッジから定期的にマルチキャストで送信され、STPが有効なスイッチだけがこれを受信する。


今回は以上となります。STPの動作やパスコストについては、後編にて触れようと思います。

ありがとうございました。


参考資料:https://www.infraexpert.com/study/stpz2.html

http://kazunetproject.site/295/

高橋隆志2019『徹底攻略 Cisco CCENT/CCNA Routing & Switching 教科書 ICND2編〔200-105J〕〔200-125J〕v3.0対応』株式会社ソキウスジャパン,110-114頁。  



 






コメント


MiracleJobBanaRight1
MiracleJobBanaRight2
MiracleJobBanaRight3