MiracleJobLogo
エンジニアのエンジニアによるエンジニアのためのサイト
News 07/19 おすすめ情報に 『 【資格取得者速報】 Aさん 「 Microsoft Security, Compliance, and Identity Fundamentals」 』 を追加しました。
会員登録するとキャリア診断やサイトに参加することができます。
あなたにおすすめな技術情報、資格、仕事などをお知らせします。

無料会員登録


パスワードを忘れた場合
LINEで送る
MiracleJobBanaLeft1
MiracleJobBanaLeft2


ブートプロセスの流れ(Windows)について
profile-img
投稿者: Nakamaさん
投稿日:2021/06/08 18:21
更新日:
like-img
分類
技術
テクノロジー
その他
キャリア
運用・保守
投稿内容
今回は、ブートプロセスについてご紹介していきます。

ブートプロセスとは、パソコンに電源を入れてからデスクトップ画面が表示されるまで(Windowsの場合)、またはログイン画面が表示されるまで(Linuxの場合)の一連の流れのことです。
ブートプロセスを知ることによって、パソコンが突然起動しなくなった場合などのトラブルシューティングに役立てることができます。
OSの違いによって、ブートプロセスも違ってきます。ここでは、Windowsでのおおまかなのブートプロセスを見ていきます。

【Windowsブートプロセス】
1.電源を入れる

2.UEFI / BIOSの起動
 UEFIとBIOSは、ファームウェアインターフェイスと呼ばれるもので主にハードウェアの制御を行うプログラムです。BIOSの機能を拡張したものがUEFIとなります。

3.ブートローダーの読み込み
 パソコンにOSが複数インストールされている場合、ブートマネージャーに表示された項目から使用するOSのブートローダーを読み込みます。

4.カーネルの起動
 カーネルの起動に必要なドライバを読み込んだ後、カーネルが起動します。

5.セッションマネージャー(smss .exe)の起動
 smss .exeは、Windowsのユーザーセッションの起動を管理するファイルのことで、Windowsログオンのプロセスを起動します。

6.ログオン画面の表示
 ユーザー認証を行うログオン画面が表示されます。
入力されたユーザー名とパスワードは 、LSASS(ローカルセキュリティ認証サブシステムサーバー、lsass.exe)プロセスに送られます。
 ローカルアカウントの場合「SAM(Security Authentication Manager)」、ドメインアカウントなら Active Directory のドメインコントローラーに登録されている情報と照合して、正しい情報であるか検証します。

7.デスクトップ画面の表示
 ログオン認証完了後、ユーザー環境の初期化や、ログオンスクリプトの処理、グループポリシーの適用などを行い、デスクトップ画面を表示します。


以上、ブートプロセスの流れ(Windows)についてでした。
参考にしていただけると幸いです。

■参考資料
https://qiita.com/a_o_i_k_o/items/baa596a23156027daba1
コメント


MiracleJobBanaRight1
MiracleJobBanaRight2
MiracleJobBanaRight3