MiracleJobLogo
エンジニアのエンジニアによるエンジニアのためのサイト
News 07/19 おすすめ情報に 『 【資格取得者速報】 Aさん 「 Microsoft Security, Compliance, and Identity Fundamentals」 』 を追加しました。
会員登録するとキャリア診断やサイトに参加することができます。
あなたにおすすめな技術情報、資格、仕事などをお知らせします。

無料会員登録


パスワードを忘れた場合
LINEで送る
MiracleJobBanaLeft1
MiracleJobBanaLeft2


【Linux】ハードウェアクロックとシステムクロック
profile-img
投稿者: enさん
投稿日:2021/09/15 13:21
更新日:
like-img
分類
技術
テクノロジー
Unix系サーバ
キャリア
運用・保守
投稿内容

今回はLinux上にある二つの時計、ハードウェアクロックとシステムクロックについて紹介します。



■ハードウェアクロック

 コンピュータのマザーボード上に搭載されていて、電源を切っても動作し続ける。

 hwclockコマンドで確認・設定が可能。

 精度は高くない。


■システムクロック

 メモリ上で動作。Linuxのカーネル上に存在し、電源を切ると時刻情報が消滅する。

 OS起動時にハードウェアクロックの時刻が設定される。

dateコマンドで確認・設定が可能。



hwclockコマンド、dateコマンドにオプションを付加すれば一方の時刻をもう一方に同期させることも可能です。


システムクロックがハードウェアクロックの時刻を参照したあとは、システムクロックとハードウェアクロックは別々に時刻を刻みます。

そのため、元々ハードウェアクロックの時刻にズレが生じている場合もありますが、システムクロックが時刻を刻み始めた後にズレが生じる場合もあります。


正確な時刻を維持するためには、*NTPサーバから時刻情報を取得してハードウェアクロックをシステムクロックに反映させることが必要です。


*NTPサーバ…UTC(世界協定時)に基づいて正確な現在時刻を配信するサーバ。ntpdateコマンドで取得可能。




参照資料

Linux - システム時刻の維持 (infraeye.com)



コメント


MiracleJobBanaRight1
MiracleJobBanaRight2
MiracleJobBanaRight3