MiracleJobLogo
エンジニアのエンジニアによるエンジニアのためのサイト
News 07/19 おすすめ情報に 『 【資格取得者速報】 Aさん 「 Microsoft Security, Compliance, and Identity Fundamentals」 』 を追加しました。
会員登録するとキャリア診断やサイトに参加することができます。
あなたにおすすめな技術情報、資格、仕事などをお知らせします。

無料会員登録


パスワードを忘れた場合
LINEで送る
MiracleJobBanaLeft1
MiracleJobBanaLeft2


【Linux】カーネルの再構築
profile-img
投稿者: enさん
投稿日:2021/10/04 14:17
更新日:
like-img
分類
技術
テクノロジー
Unix系サーバ
キャリア
運用・保守
投稿内容
今回はLinuxにおけるカーネルの再構築についてまとめました。


そもそもカーネルとは文字通りLinuxの中核部分にあたり、ユーザからシェルを通して実行された命令を実行する役割を持っています。

Linuxのカーネルはソフトウェアのように定期的に新しいバージョンが出るため、必要に応じて再構築することが可能です。

一般的には現在のカーネルでサポートされていないデバイスを利用したい場合などにカーネルの再構築を行います。


カーネルソースは、「The Linux Kernel Archives」のサイトから入手することができます。


カーネルのバージョン番号は「X.Y」や「X.Y.Z」のような形式で、数値が大きいほど新しいバージョンです。



カーネル再構築時にはmakeコマンドを使用します。

(makeコマンドを使用せず、手作業でカーネルをインストールする方法もあります。)

以下にmakeコマンドの主なオプションを記載します。


make all - カーネルとモジュールをビルド(allを付けない場合もデフォルトでこの動作をする)

make install - ビルドしたカーネルをインストール

make modules - カーネルモジュールをビルド

make modules_install - カーネルモジュールをインストール



以下にカーネルの再構築をする際に知っておくと便利なディレクトリやファイルを記載します。


/usr/src/linux/:カーネルのソースを置くディレクトリ

/boot/vmlinuz-(バージョン):カーネルイメージのファイル

/lib/modules/(バージョン)/:カーネルモジュールがインストールされるディレクトリ



カーネルのバージョンは、uname -rコマンドで確認することができます。

コメント


MiracleJobBanaRight1
MiracleJobBanaRight2
MiracleJobBanaRight3