MiracleJobLogo
エンジニアのエンジニアによるエンジニアのためのサイト
News 07/19 おすすめ情報に 『 【資格取得者速報】 Aさん 「 Microsoft Security, Compliance, and Identity Fundamentals」 』 を追加しました。
会員登録するとキャリア診断やサイトに参加することができます。
あなたにおすすめな技術情報、資格、仕事などをお知らせします。

無料会員登録


パスワードを忘れた場合
LINEで送る
MiracleJobBanaLeft1
MiracleJobBanaLeft2


Linux ディレクトリ構造とその内容
profile-img
投稿者: fujioka090...さん
投稿日:2021/12/16 14:44
更新日:
like-img
分類
技術
テクノロジー
Unix系サーバ
キャリア
運用・保守
投稿内容

今回はLinuxにおけるディレクトリ構造について説明します。


Windowsでは、接続しているハードディスク数やパーティション設定によってCドライブ以外にもDドライブやEドライブといったようにドライブ別でデータ管理できるファイルシステムとなっています。

しかしLinuxでは異なり、全てのデータは/(ルートディレクトリ)の配下で管理されるファイルシステムとなっており、これをFHS(Filesystem Hierarchy Standard:ファイルシステム階層標準)といいます。

/(ルートディレクト)配下の各ディレクトリの説明を下記に示します。


・/bin

Linuxで使用する基本的なコマンドが配置されています。例えば下記のようなコマンドです。

cat、chmod、chown、cp、date、dmesg、echo、kill、ls、mkdir、mount、mv等々


・/sbin

システム管理に必須のコマンドが配置されています。例えば下記のようなコマンドです。

shutdownreboot、fdisk、ifconfig、init、mkfs、mkswap等々


・/home

ユーザー毎のホームディレクトリが配置されます。ログインした時にユーザーが最初にアクセスするディレクトリは基本的に/home/ユーザー名となります。


・/etc

システムやアプリケーションの「設定ファイル」や「スクリプトファイル」が配置されています。


・/dev

ハードディスクやCD-ROM等の接続されたデバイスのデバイスファイルが配置されます。


・/lib

共有ライブラリやカーネルモジュールが配置されます。ライブラリというのはプログラムの部品のようなもので、/binや/sbinにあるコマンドを実行するために必要なものとなります。


・/media

DVD-ROMやCD-ROM等のリムーバブルメディアのマウントポイントが配置されます。


・/mnt

ハードディスクやフラッシュメモリ等の一時的なマウントポイントが配置されます。


・/proc

カーネル内部の情報にアクセスするための仮想的なファイルシステムです。Linux上でCPUやメモリ、ネットワークの情報を見るために使用されます。

仮想的なシステムとあるようにこのディレクトリ内のファイルはファイルのように見えるだけで、実際にはディスク上に存在しません。


・/root

システム管理者(スーパーユーザー)用のホームディレクトリです。/homeファイルシステムががマウントできなくなってもシステムのメンテナンスができるように/homeディレクトリとは別になっています。


・/tmp

一時的にファイルを保存したり、作業したりするためのディレクトリです。すべてのユーザーが読み書き可能なディレクトリとなっており、再起動するとこのディレクトリ内のファイルが削除されてしまうので、重要なファイルは保存しない方が安全です。


・/usr

ユーザー向けのディレクトリで、/usr/binや/usr/libといったようにユーザー用のコマンドやライブラリが配置されています。/usr配下には多くのディレクトリが配置されており、例えば下記のようなディレクトリがあります。

/usr/bin

/usr/sbin

/usr/lib

/usr/local


/var

システムのログやメール、キャッシュファイル等のファイルが一時的に保存されるディレクトリです。しかし、このディレクトリ内は再起動してもファイル削除されることはありません。



今回は、Linuxでのディレクトリ構造とその内容について説明しました。

基本的にはLinuxディストリビューションインストール時に上記のようなディレクトリ構造となっており、一般的なPCとして使用する分には/(ルートディレクトリ)配下のディレクトリを自分で変更することはほとんど無いと思います。しかし、Linuxサーバの構築やシステムのメンテナンスを行う際は、システム上重要なファイルへアクセスすることもあると思いますので、各ディレクトリの役割をきちんと勉強しておこうと思います。


参考URLや書籍

・LPICレベル1 Version4.0対応

【Linuxの基礎知識】ディレクトリ構造とファイルシステムについて! | Beエンジニア (pmi-sfbac.org)

Linuxのディレクトリ構造(一覧)を理解する|Linux入門・初心者 (linuxmaster.jp)

コメント


MiracleJobBanaRight1
MiracleJobBanaRight2
MiracleJobBanaRight3