MiracleJobLogo
エンジニアのエンジニアによるエンジニアのためのサイト
News 12/13 おすすめ情報に 『 SES/派遣事業者専用統合ビジネスクラウドサービス 「Cloud Staff」のクラウドサービス情報開示認定取得のお知らせ 』 を追加しました。
会員登録するとキャリア診断やサイトに参加することができます。
あなたにおすすめな技術情報、資格、仕事などをお知らせします。

無料会員登録


パスワードを忘れた場合
LINEで送る
MiracleJobBanaLeft1
MiracleJobBanaLeft2


Linuxコマンド紹介(mkdir・権限編)
profile-img
投稿者: thirumaさん
投稿日:2019/06/05 17:47
更新日:2019/06/05 17:52
like-img
分類
技術
テクノロジー
全般
キャリア
運用・保守 / テクニカルサポート / 構築 / 設計
投稿内容

 今回の投稿では、「mkdir」について、少し詳しく説明していきます。


mkdir」はディレクトリを作成するコマンドとして

1つのディレクトリを作成しましたが、今回は、

1.複数のディレクトリを作成する。

2.権限を指定してディレクトリを作成する。


について、紹介していきます。

 

1-1.複数のディレクトリを作成する。

 「Linuxコマンド紹介(基本編)ファイル・ディレクトリ操作(1)」では

 「mkdir」を使って1つのディレクトリを作成しましたが、今回は複数作成してみます。

 

方法としては、作成したいディレクトリ名を、スペースで区切って羅列していきます。

 

ディレクトリが複数作成されたか、実施に「ls」を使って確認していきたいと思います。

thiruma2」「thiruma3」「thiruma4」が作成されたことが確認できます。



1-2.権限を指定してディレクトリを作成する。

 まずは権限について説明させていただきます。


画像の左端に「drwxrwxr-x」の文字列があるかと思います。

文字の場所によって意味が異なってきます。



1文字目はファイル種別を表します。

-」→ファイル

d」→ディレクトリ

「l」→シンボリックリンク

を示しています。


2~4文字目まではファイル「所有者」に対する権限

5~7文字目はファイルの「所有グループ」に対する権限

8~10文字目は「その他」に対する権限を表しています


権限の内容として

「r」→読み取り

「w」→書き込み

「x」→実行

となっており、権限がないものに関しては「-」で表示されます。


上記のルールに当てはめると画像のディレクトリはすべて

・ファイル種別:ディレクトリ

・「所有者」の権限:読み取り・書き込み・実行が可能。

・「所有者グループ」の権限:読み取り・書き込み・実行が可能。

・「その他」の権限:読み取り・実行が可能

 

ということになります。

 

指定方法について、ここでは8進数を用いた権限の指定をご紹介します。

8進数の場合、「rwx」は0~7までの数字を用いることで権限の指定をすることが

できます。

「0」: - - -

1」: - - x

2」: - r -

3」: -w x

4」: r - -

5」: r – x

6」: r w –

7」: r w x

となります。

例えば「777」と指定すると、「所有者」「所有グループ」「その他」に「読み取り・書き込み・実行」の権限を指定し

750」だと、「所有者」には「読み取り・書き込み・実行」、「所有グループ」には「読み取り・実行」、「その他」には権限を与えない。ということになります。



以上を踏まえたうえで、権限の設定をしてディレクトリを作成していきます。

今回は「700」に設定し、「所有者」のみに「読み取り・書き込み・実行」の権限を与え、「所有者グループ」と「その他」には権限を与えないディレクトリ「thiruma5」を作成します。



「ls」コマンドのオプション「-l」を用いて詳細を確認します。


thiruma5」の権限が「所有者」のみに権限が設定され、「所有者グループ」「その他」には権限がないことを確認できました。 


■参考元

https://qiita.com/shisama/items/5f4c4fa768642aad9e06



「mkdir」と「権限」に関する紹介は以上となります。

ご覧いただき、ありがとうございました。






コメント


MiracleJobBanaRight1
MiracleJobBanaRight2
MiracleJobBanaRight3