MiracleJobLogo
エンジニアのエンジニアによるエンジニアのためのサイト
News 12/13 おすすめ情報に 『 SES/派遣事業者専用統合ビジネスクラウドサービス 「Cloud Staff」のクラウドサービス情報開示認定取得のお知らせ 』 を追加しました。
会員登録するとキャリア診断やサイトに参加することができます。
あなたにおすすめな技術情報、資格、仕事などをお知らせします。

無料会員登録


パスワードを忘れた場合
LINEで送る
MiracleJobBanaLeft1
MiracleJobBanaLeft2


「Windows Terminal」Preview版をインストールしてみた
profile-img
投稿者: muto-sanさん
投稿日:2019/07/11 01:05
更新日:
like-img
分類
技術 / ニュース・お知らせ
テクノロジー
全般
キャリア
運用・保守 / 構築
投稿内容
6月21日にプレビュー版が公開された「Windows Terminal」を早速使ってみました。

■インストール方法

1. ストアアプリを起動


2. 検索窓で「Windows Terminal」と入力して検索


3. 「入手」をクリック


4. インストール先デバイスを選択して「今すぐインストール」をクリック


5. 「OK」をクリック

さてこれでインストールできると思ったら。。。?

「システム要件を確認」というところを見るとどうやらインストールにはWindows 10をVersion 1903に上げる必要があるようだ。


ってことでWindows 10のアップデートを済ませてもう一度「インストール」


インストールはすぐに終わるので、スタートメニューから「Windows Terminal (Previewer)」を起動。



PowerShell 6がインストール済みだからなのかPowerShell 6.2が起動した。
と言うか字が小さい!
とりあえず設定を変えます。設定はGUIじゃなくJSONファイルを直接編集するよう。(安定版では変わるかな?)



「fontSize」を「16」に設定し、ついでに「acrylicOpacity」と「useAcrylic」を変更してガラス状のような感じにします。
文字は大きい方が良いです。


これでかなり見やすくシャレオツになりました。(でもアクティブウインドウじゃないと不透明に戻るみたい)
背景画像を変えたりもできるようですがそれはまたの機会に。
ちなみに設定はコンソールアプリ毎(と言っても私の環境ではcmd.exe、Windows PowerShell、PowerShell 6の3つだけ)に設定できます。

コマンドプロンプトのタブを追加してみる。



新しいタブが開きました。

「Windows Terminal」はUnicode絵文字に対応すると言うことなので、こんなスクリプトを用意して実行してみます。


実行すると。。。


ちゃんと表示できた!

ちなみに「Windows Terminal」を使わず標準の「Windows PowerShell」コンソール状から実行するとこうなります。


さて個人的に結構期待の新アプリケーションである「Windows Terminal」
正式リリースはまだ先ですが、色々と遊べそうなので試してみてはどうでしょう。
Windows標準搭載になれば業務で使うスクリプトにもガンガン絵文字入れられそうですね。

コメント


MiracleJobBanaRight1
MiracleJobBanaRight2
MiracleJobBanaRight3